ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

三年目の嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アビーは世界をまたにかける報道写真家で、賞も獲得し、その世界で名を馳せつつあった。だが、そんなアビーにも気がかりが一つ―夫グレイとの関係だ。彼は頭の切れる弁護士で、しかもハンサムこの上ない。二人とも、アビーが成功するまでは別々の生活にも耐えるつもりでいた。しかし三年たつと、離れ離れの時間が二人に重くのしかかる。ある日、取材旅行はやめて子供を作ろうと決心して帰国したアビーを、思いがけない事件が襲った―夫に愛人がいる。しかも子供まで。これを世間にばらせば、夫に復讐できる。夫に未来はない。だがアビーはすんでのところで思いとどまった。私が去ればいい。仕事を理由に海外へ逃れたアビー。けれどなぜか彼は追ってきて…。

臆病な救世主 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
トム・ブラッドレーは油井火災の鎮火にあたるスペシャリスト。“地獄の戦士”と呼ばれる危険きわまりない仕事についている。家族とか人との交わりは真っ平の彼にとってはまさに天職といえた。その日、休暇中の彼は飛行場に向かって車を走らせていた。周囲には放牧地が広がるばかりで人影もない一本道を行く途中、思わぬ衝突事故を引き起こしてしまう。相手の車を運転していたのは若い女性。妖精を思わせる美しい顔立ちで…臨月の身だった。彼女は大丈夫だと言い張って病院行きを頑なに拒み、家族のことをきくと、さっと人を寄せつけない表情になった。でも、生まれそうだ。いったい、どうしたら…。トムは否応なしに、いちばん避けていた領域に踏み込むことに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
レノックス,マリオン
オーストラリアの農場で育ち、ロマンスを夢見る少女だった。医師との結婚後、病院を舞台にしたロマンス小説を書くことからスタート。現在はハーレクインの常連作家として、作品の舞台も多様になり、テンポのよい作品を発表して多くの読者を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

屈辱のレッスン (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
モデルとして活躍中のアリシャに大きな仕事の話が持ちかけられた。有名化粧品会社のキャンペーンガールにどうかという打診だ。まだ最終候補の段階だが、正直なところアリシャの気は重い。依頼主が、写真家で広告代理店主のロス・エリオットだったからだ。五年前、スーパーモデルを夢見ていた十七歳のアリシャは、ロスのスタジオに行き、お金をちらつかせてカメラテストを受けた。そんな彼女に反感を持ったロスの要求は厳しかった。セミヌードにされ、唇まで奪われて、アリシャは逃げだした…。あのロスから声がかかるとは、運命のいたずらとしか思えない。気が進まないまま、アリシャは面談の場所に出向いた。契約があまりに早く決まり、彼女はほかの候補者のことを尋ねる。「候補者リストなんてものは最初からないよ」ロスはあっさり答えた。彼はアリシャへの依頼をはじめから決めていたのだ。でも、なぜ―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッカーシー,スーザン
ロンドン郊外で育ったが、結婚を機にイングランド西部のシュロップシャーに居を構え、たくさんの犬や猫に囲まれた田園生活を楽しんでいる。趣味の旅行に出かけるたびに、家が恋しくなるという。作家活動のかたわら、社会人教育にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

涙から生まれた恋 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シャーロットは空港で呆然と立ちつくしていた。明日、挙式の予定なのに、婚約者が現れなかったのだ。あまりのことに、人目もはばからずにしゃくり上げていると、ダニエルと名乗る男性に声をかけられた。彼はシャーロットの話をひとしきり聞いたあと、食事に誘ってきた。不誠実な男性とは、二度と関わりたくないわ!シャーロットは彼に渡された名刺を突き返すと、くるりと背を向けて歩き去った。翌日、ダニエルと結婚式を挙げることになるとは夢にも思わずに。

内容(「MARC」データベースより)
シャーロットは空港で呆然と立ちつくしていた。明日、挙式の予定なのに、婚約者が現れなかったのだ。あまりのことに、人目もはばからずにしゃくり上げていると、ダニエルと名乗る男性が声をかけてきた。

甘美な企み (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「なんとしても彼女をステファノスから遠ざけてちょうだい」そう姉に頼まれて、ニコスはうなずいた。どうやら、姉の夫ステファノスが、若い女性にうつつを抜かしているらしい。ニコスはその女性、ジャニーンを誘惑して自分に夢中にさせ、ステファノスと別れさせることにした。さっそく彼女に近づき、声をかけたニコスは快哉を叫んだ。これほどの美人が相手なら、ぼくにとっても今回の計画は楽しいものになりそうだ。それにしても、彼女は男を手玉に取るようなタイプには見えないのだが…。

二人のミレニアム (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夫のモーガンが生きているですって!モーガンは四年前、新妻だったフリスを置いてアフリカに行き、内戦に巻きこまれて死亡したと信じられていたのだった。命を絶ちたいと思うほどの苦しみからようやく立ち直り、フリスは田舎町で教師として新しい生活を始めていた。精神的に支えてくれた牧師グレアムと婚約もした。モーガンへの愛は力強く情熱的で嵐のようだったが、危険を冒して旅立った彼には今も許しがたいものを感じている。一方グレアムは、もっと穏やかな愛のかたちがあると教えてくれた。しかし、複雑な思いを胸に再会したモーガンはフリスを圧倒した。その荒々しい男性的魅力は四年前のままだった…。

楽園行き片道切符 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マックスは妹の派遣会社から来る秘書の無能ぶりにいら立っていた。妹の思惑はわかっている―能力ではなく容姿で女性を選び、妻の死以来、仕事に凝り固まってしまった兄の心をほぐそうというのだ。こうして次々と魅力的な秘書が送り込まれてくるが、マックスが求めているのは速記のできる有能な秘書だ。再三の要求に根負けして、妹はジリーという女性を派遣してきた。ジリー・プレスコット、二十一歳、ニューカッスル出身、速記能力は抜群…ただし、地味で、あか抜けない田舎娘。一方、ジリーはロンドンで臨時秘書の職を得たことを喜び、幼なじみのリッチーとの再会をひそかに期待しながら、マックスが待つオフィスへ向かった。持ち前の率直さとユーモアのセンスを頼りに厳しいボスのもとへと。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。20歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後10年間をアフリカと中東で暮らす。夫は激務で、彼の帰宅を待つ長い時間、ものを書いて過ごすうちに作家の道に。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる。夫とのあいだに2人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誤解された夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アパートメントの寝室のドアが開き、いきなり明かりが灯ったとき、ファーンは頭痛に苦しみながらベッドに横たわっていた。「あなたは誰?」入ってきた男性に、ぼんやりした頭で問いかける。彼女は友人だと思っていたグレッグに連れられてここに来たが、彼を拒んだために置き去りにされたのだ。男性はグレッグの友人で、アパートメントの持ち主コナーだった。コナーはファーンがグレッグとベッドをともにしていたと決めつけ、下着姿の彼女を、軽蔑もあらわに娼婦とののしった。ところがその2日後、2人は仕事の場で思わぬ再会をする。ファーンは大手広告代理店のアートディレクターとして、コナーの会社の宣伝用パンフレット作製を担当する羽目になったのだ。この仕事を渋るファーンに、彼は不倫を暴露すると脅しをかけてきた。

思いは炎のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
祖父の死の直後、十年ぶりに故郷に戻ったアレクスを迎えたのは、母親のいとこにあたるヨークの疑いに満ちたまなざしだった。髪の色がすっかり変わり、美しく成長したアレクスを、祖父の遺産を狙う偽者ではないかとヨークが疑うのも無理はない。一方アレクスにしても、けっして楽しい帰郷ではなかった。祖父もヨークも、母を屋敷から追い出した非情な男たちだったから。アレクスはいまさら遺産を相続する気などなかったが、母にかかわる大事な手紙を見つけるため、屋敷に滞在することにした。でも、そう決めたのは間違いだったかもしれない。少女のころ、ヨークにキスされた記憶はいまもなまなましい。彼が近くに来ただけですぐに反応してしまう自分を、アレクスはどうすることもできなかった。そしてヨークも、それを知っているかのように唇を重ねてきた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
パワー,エリザベス
イングランド南西部最大の都市で、古い歴史を持つ港町ブリストルに生まれ、現在は、この町に三百年前に建てられたコテージに夫とともに暮らしている。読書家で、作家を志したのは十代のころ。たいへんな動物愛好家。ヴェジタリアンでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

デイジーの小さな願い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デイジーは、控えめで物静かな目立たない娘。海辺の小さな町で、父親の骨董店を手伝っている。初恋に破れ、悲しい気持ちで浜辺を散歩していた彼女は、すてきなオランダ人の医師ユールス・デル・ホイズマに出会った。彼は数回店を訪れ、デイジーはひそかに恋心をいだいた。ある客の買い上げた品をオランダまで運ぶことになった彼女は、夜のアムステルダムで偶然ユールスと再会した。ただし…運河に落ち、助けを求めた彼女の手をユールスがつかんでひっぱり上げるというさえない状況で。その後も重なる偶然に、デイジーは胸の思いを抑えようと必死だった。一方のユールスは、わがままな婚約者の相手をしながらも、デイジーのことばかり考えていたのだが。

Book Description
A brand-new romance for springtime. Let international bestselling author Betty Neels sweep you away into a world of bliss with this wonderfully romantic, brand-new novel . . . Daisy Gillard led a quiet life in her father's little shop, until the handsome pediatrician Mr. Jules der Huizma swept her away to Holland! It was a secret joy for Daisy that Jules seemed to want to spend time with her. But Daisy knew her feelings couldn't lead anywhere, because Jules was promised to another woman . . . But he was so attentive and charming, Daisy was starting to hope that she would become Jules's bride . . .
--このテキストは、 マスマーケット 版に関連付けられています。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ
ロマンス天国〜シルキーシリーズ> <オススメ!エスホラ!

ooo豆千葉ドットコムooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo アメ横一番!ooo もっと知りたい!練馬区ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo 千葉鰻ooo ハロー!江東区!ooo 住宅ローンのことooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 千葉のちょっといい景色ooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo リアクション芸人ooo 新型インフルエンザマスクooo ~品川の街~ooo ビバ!プリプレスooo よい街、品川ooo 新聞を読もう!ooo ライズスモーカーooo 夏はプールだ千葉特集ooo